HOME>オススメ情報>購入前に知っておきたい住宅の種類や価格相場について
家

一戸建て住宅の種類

千葉県北部中央の印旛エリアに位置する成田市。国際空港が開港してからは人口が増加傾向にあり、2005年には10万人を突破しました。さらに2019年時点では、13万人を超え規模が大きくなっています。このような成田市では、一戸建て住宅などの不動産取引が盛んに行われています。個人で一戸建て住宅を購入したり建てたりするには、購入前に一戸建て住宅の選択肢を知っておかなければなりません。具体的には建売住宅を購入する方法、注文住宅を建築する方法、建築条件付き土地を購入して家を建てる方法の選択肢があります。建売住宅では建築費用のコストを抑えることができ、建築条件付き土地では間取りや設備などを変更することができるため、建売住宅よりも自由度の高い家が建てられます。さらに注文住宅では、土地の購入から設計まで関わる必要がありますが、自分が望む理想の家が手に入ります。

価格帯について

国際空港や初詣で有名なお寺がある成田市。拠点空港都市だけではなく観光都市としても注目を集めています。人口も増加傾向であることから、成田市の不動産情報は注目されています。まず関心が集まるのは、不動産の価格相場です。ある不動産サイトの情報によれば、成田市の新築一戸建て(間取り4LDK)の価格帯は約2,000~4,000万円となっています。価格帯に幅があるのは立地や土地面積などによる影響です。成田市の場合、公津の杜駅周辺など、東京都心部や千葉市へのアクセスが良いエリアは価格が高めに設定されている傾向です。土地単価をチェックしても、公津の杜や花崎町エリア周辺は、坪単価が40万円前後と市内でも高めになっています。不動産を購入するときは、土地単価もしっかりチェックする必要があります。

広告募集中